EDをがっかりし、残念がる言葉

相手がEDである事を理由にして、それに対して失望したり否定的な態度を示す人がいます。

それらのEDである事に対する失望の言葉は、直接的に否定していなくてもその人が駄目な存在だと遠まわしに言っているようなもので、相手の罪悪感や自尊心に悪影響を与えます。

声に出さなくても暗い顔をしてみたり、ため息をつくなどの失望を感じさせる振る舞いも同様に好ましくない影響を与えるので避けたほうが無難です。

この物事の大切さを理解するには、仮に自分自身が同じような立場であったらどう感じるかと考えてみる方法が有効です。

大切に思っている人が自分のそばでがっかりしていたらどう思うか、暗い顔やため息をついていたら自分自身はその状況をどういうふうに感じるかと想像してみれば、そうした表現や態度が好ましい事ではないと理解できるはずです。

相手の人も好きでこのような病気になったのではないのですから、それらの事を理解してEDの人に残念がる言葉を発する事は絶対にしてはいけないです。

何で勃たないの?と責め立てる言葉

EDであるために叱責する言葉をかけるのは、余計に状況を悪化させる影響しかもたらさないです。

そうした表現をするのは、大切な人に対してもっとしっかりして欲しいという励ましの意味合いもあるのでしょうが、相手の立場からすれば自分は何でそんな事も出来ないのかと焦りや罪悪感を増大させるだけで、失格の烙印を押されているのと同じ意味になるからです。

早くどうにかしろと責め立てる事や、いつ治るのかとせきたてる事も同様に尊厳を否定した責める行為として認識されます。

このような攻撃的な言葉を与え続ければ、いずれ相手は自分自身を守るために防衛的に振舞うようになり、関係が悪化する要因になります。

大切な事は自分が励ますつもりでも、責めるような激しい言葉は相手からしてみれば辛いだけだということをわかってあげることです。

相手も頑張ってどうにかしないといけないと感じているいることを理解できれば、無理な態度や叱責の態度ではなく何らかの好ましい形で影響を与えられることができる言葉を使う事ができるようになります。

優しく前向きな言葉で励まそう

EDに限ったことではないですが、病気などで苦悩している人に対する時の大切な態度は、意識的に明るく前向きな言葉を使うことです。

明るく前向きな表現を使っただけでいきなり状況が好転するというわけではないですが、そうした肯定的な表現は心理的な負担を軽減するので、精神的な面で相手の大きな支えになります。

優しい態度といっても、それは無理に過剰に励ましたり作り笑顔をしたりすることでも、無理をして機嫌を取る必要があるということではないです。

前向きな言葉や態度とは、相手に心理的な緊張感を与えない自然体で振舞って、なるべく明るい肯定的な表現を意識的に使うということです。

それだけで相手は病気の影響によってもたらされる自責の念や焦りから解放されて精神的な安定を取り戻し、大切な人と共によりそっているという安心感を感じる事が出来るようになります。

明るい前向きな言葉はどのような医療や薬よりも、精神を安心させて癒す効果があるのです。

まとめ

病気にかかかっている多くの人は現在の状況に対して焦りや罪悪感を感じているので、周りにいる特に大切な人に何気ない意味でも傷つく言葉をかけられたら、その人の立場は脅かされてとても辛い心境に追い込む事になります。

失望や叱責などやその他否定的な態度は、その他人の精神に負担や苦痛を与えるだけでなく、余計に状況を悪化させて問題の解決を難しくする悪い影響しかもたらないのです。

そのために大切な事は、相手の心境を理解したうえで効果的な態度や言葉の発し方事を理解することが大切です。

EDという病気を正しく理解することも大切な要素で、そうした基本的な知識を得ることで病気に対する正しい態度や理解を取ることが出来るようになります。

個人の立場で対応が難しいと感じる場合は、医師などの専門家に助言を求める事も有効な手段になります。